BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフ日誌
  4. 大人の嗜み物語【NO.3】
受話器

大人の嗜み物語【NO.3】

”伝言ゲーマーのダブル受話器”

権限あるポジションを取りながら、
聞いたことを伝えるだけであれば
すぐにでもその場を離れた方がいい。

右から左、左から右へ
受話器の使い手のような人間は多く存在する。

つい先日、
そんな光景が浮かんでくる出来事があった。

自分の存在を混ぜることが出来ないのであれば、
ゲームに参加する資格はないだろう。

一字一句、
そのまま伝えるべきと判断したのであれば、
録音データで十分だろう。

今の時代、
直ぐにでもテキストへ変換出来るのだから。

関連記事

月を選択